■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの

「レーシックって失明をしてしまう危険性があるのでは?」と不安を抱えている人もかなり多いかと思います。
絶対に失明はしない!とは言えませんが、日本国内では失明の事例は0件ですので過度な心配は必要ありません。 他の手術でもリスクはあるということを平等に言えることなのです。
レーシックでの失明の可能性というのが、その他の手術と比べて低いという根拠はどこにも無いのです。

 

レーシックの治療で今現在利用されている技術は、実際のところまだ確立され始めてから日の浅いものと言えます。
ですので多くの人々がレーシックの手術に対して不安を持っており、なかなか手術を実施出来ないという状況になっているのです。

 

レーシックの手術で本当に失明してしまうことがあるのかということですが、これはほぼあり得ない言っても決して過言ではありません。
当然レーシックによって何が引き起こされるのか分からないという状況は、その他の盲腸などの手術と変わりは無いのです。



■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いものブログ:21年04月13日

娘が生まれてから8ヶ月が過ぎました。

娘が何より大好きなこと、
それは、抱っこです。

僕が仕事から帰り、僕の顔を見るや、
ニカッと顔をほころばせ、目をキラキラさせながら、
抱っこされるのを待っています。

着替えて手を洗ってから抱っこをしようと思う僕は、
意味がわかるのかどうかはわかりませんが、
「ちょっと待っててねー」と言いながら
自分の部屋に向かいます。

すると、
背後からは
「フンギャーッ!」という泣き声が聞こえてきます。

その声に振り返ると、
娘は何とも切なく悲しい顔で
泣いているではありませんか。

僕は胸がつぶれそうになりながらも、
「せめて手だけは洗わねば…」と
洗面所に向かいます。

振り返って一旦目が合ったにもかかわらず
去っていく僕の姿を見て、
泣き声が一段と大きくなります。

ダッシュで手を洗い、
服を脱ぎ散らかしながら娘の元に駆け付けると、
娘は僕の目にビシッと視線を合わせながら、
アゥアゥと喘ぎながら目に一杯涙を溜めています。

真っ赤になって目に一杯涙を溜めている娘を抱き上げると、
娘は、僕のうでの中に収まるまでのわずかな間に、
もう泣きやんでいます。

僕のうでの中で僕の顔をじーっと見つめて
ニッコリ微笑んでいる娘の目は、
帰ってきた僕の姿を見つけた時と同じ目をしています。

その後は、
僕の眼鏡を取ろうとして阻止され、
僕の鼻をもぎ取ろうとして阻止され、
唇を引っ張ろうとした手を僕にバクッと食べられそうになって、
驚きながらもキャッキャと喜びます。

そんな娘とのやりとりの一時、
僕は幸せを感じます。