■レーシック情報:レーシックで老眼も治療可能

■レーシック情報:レーシックで老眼も治療可能


■レーシック情報:レーシックで老眼も治療可能
仕方の無いことかもしれませんが、レーシックによって失敗をしてしまった例は過去にいくつかの例があります。
レーシックというのは失敗してしまうことも確かにあるので、手術前にメリットとリスクを頭に入れておくようにしましょう。 レーシックは、目の表面の角膜の形をレーザーによって矯正していき、光の屈折の具合を調節する視力回復手術です。
ですので遠視でも近視でも、レーシック手術をすることで、元に戻すことが出来てしまうのです。

老眼と言われているものは、一度進行してしまうことによりもう二度と元には戻らないと思っている人が多いようです。
しかし老眼というのはレーシック手術を受けることによって元通りの視力に回復をさせることが出来るのです。

老眼というのは、つまりは遠視ということになるので、近視と同様にレーシックの手術で治療出来るのです。
つまり遠視で悩みを抱えている人は、信頼することの出来るレーシックのクリニックで相談をしてみることをオススメします。




■レーシック情報:レーシックで老眼も治療可能ブログ:21年03月18日

腹筋トレーニングに関する勘違いで、
特に多いのが、腹筋トレーニングを50回や100回など
多くやれば効果的だと認識されていることです。

テレビでダイエットに成功した有名人が
「毎日、腹筋トレーニングを100回やっています!」
なんて言ってたりしますが…

ダイエットに詳しくない人が見れば、
それが正しいと思ってしまうかもしれませんが、
実際は回数を多くやっても
ダイエット効果が上げるワケでないんですよね!

腹筋トレーニングを100回やったとしても
思うような効果を得ることはできないでしょう。

そもそも高回数のトレーニングは
筋肉を鍛えることの論点がズレているからです。

50回や100回など回数を多く行うのは、
筋肉の持久力の向上を目的として行うのが
トレーニング学では基本的なことです。

ダイエットでは
筋肉を鍛えて代謝が上げ、体脂肪燃焼効果を向上させたり、
肉体のラインを引き締めるために筋肉を鍛えます。
このような場合、高回数のトレーニングは適していないのです。

ではどのくらいの回数が適しているかと言うと、
ダイエットでは15~20回が適しているのです。

「えっ少なくない!?」と思うかもしれませんが、
筋肉を鍛えるために重要なのは回数ではなく、
筋肉にしっかりと効かすことなのです。

意識を集中して鍛えることで
15~20回の回数でもしっかりと効かすことができるのです。

大切なのは
「しっかり意識を集中して鍛える」ことです。

1セット15~20回で行い、
2~3セット行うのが効果的な
お腹周りの筋肉の鍛え方となります。

―地球滅亡まであと427日―
■レーシック情報:レーシックで老眼も治療可能

■レーシック情報:レーシックで老眼も治療可能

★メニュー

■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
■レーシック情報:術後の安定までの日数
■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか
■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療
■レーシック情報:レーシックでの視力回復について
■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切
■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症
■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意
■レーシック情報:レーシックで老眼も治療可能
■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)全てを把握してレーシックしよう