■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない

■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない


■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない
レーシック手術で最も気にしてしまうことというのが、やはり目にメスを入れるという恐ろしさかと思います。
しかしレーシックによって失明をしてしまったという例は日本国内では一件も無いのでほぼ安全と言えるでしょう。 レーシックで片方だけ治療をすることに抵抗を持っている人も中にはいるかと思います。
しかし片目だけのレーシックというのはごく一般的に行われている手術方法の一つなのです。

視力が低下をしてしまっている方の中には、片方の目だけが低下してしまっている人も多く存在しています。
この低下してしまった片方の目だけをレーシックによって回復させることが出来るのです。

両目の視力が同じではないというのは、決して珍しいことではなく多くいらっしゃいます。
コンタクトレンズやメガネを購入する時にも、左右で度数が異なることがあります。そんな視力をレーシックで元通りにしてしまいましょう。




■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではないブログ:20年11月28日

減量は
無理のないカロリーコントロールで
ストレスをためないことが大切です。

無理な我慢はストレスになり、イライラして、
減量そのものが
長続きしなくなってしまいます。

減量中は
「おやつを食べてはいけない」というわけではありません。

ですが、
どうせ食べるのなら、
低カロリーで、少量でもウエストが満足する食材がいいですよね。

そこで、減量中のおやつとして、
おれがオススメしたいのが、イモ類なんです。

イモ類は、ビタミンCが豊富で、熱に強いのが特徴です。
低カロリーでありながら
食物繊維やカリウムは豊富に含まれているので、
減量には最適ですよ。

ただし、
スイートポテトはバターやクリームが加えられていますから、
高カロリーになりやすいので注意しましょう。

また、寒天やこんにゃくも良いですね。
低カロリーで少量でもウエストが満足しますし、
食物繊維も豊富で腸内をキレイにしてくれます。

それに、小魚の干物もおすすめ!
たくさん噛むことができ、
少ない量で満腹感が得られて低カロリーです。
その上、日本人に不足気味のカルシウムを補給することができます。

ほかにも、
おやつよりフルーツを食べたり、
間食した後のご飯量を減らしたりするのもいいですね。

減量中にウエストがすいたら
「ご飯とご飯のつなぎとしておやつを食べる」
と考えましょう。

ポイントは買い置きせず、
食べ過ぎないように気をつけることです。

ストレスをためず、色々な食材をとり入れ
無理のない減量を続けましょう!

■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない

■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない

★メニュー

■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
■レーシック情報:術後の安定までの日数
■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか
■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療
■レーシック情報:レーシックでの視力回復について
■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切
■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症
■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意
■レーシック情報:レーシックで老眼も治療可能
■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)全てを把握してレーシックしよう