■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない

レーシック手術で最も気にしてしまうことというのが、やはり目にメスを入れるという恐ろしさかと思います。
しかしレーシックによって失明をしてしまったという例は日本国内では一件も無いのでほぼ安全と言えるでしょう。 レーシックで片方だけ治療をすることに抵抗を持っている人も中にはいるかと思います。
しかし片目だけのレーシックというのはごく一般的に行われている手術方法の一つなのです。

 

視力が低下をしてしまっている方の中には、片方の目だけが低下してしまっている人も多く存在しています。
この低下してしまった片方の目だけをレーシックによって回復させることが出来るのです。

 

両目の視力が同じではないというのは、決して珍しいことではなく多くいらっしゃいます。
コンタクトレンズやメガネを購入する時にも、左右で度数が異なることがあります。そんな視力をレーシックで元通りにしてしまいましょう。



■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではないブログ:21年04月16日

娘は遊びながらも結構頭を使っている。
そのため娘は元気そうに見えても、
脳が疲労を起こしているということも有り得る。

体質が健康な筈なのに、
どうも元気がないなと思うなら、
脳の疲労を疑った方が良い。

脳の疲労を取り除くためには、
グルテンが含まれている
薄力小麦粉を使うのがおすすめ!

なので、 
母親もたまには、
小麦粉でスナック菓子を作ってみよう!

母親が小麦粉からスナック菓子を作って見せると、
娘たちは魔法を使ったとしか思えなくなるので、
母親の権威が非常に高まることに…

母親が娘たちにこの魔法を見せずに、
お店でスナック菓子を買って来てしまうからこそ、
娘たちは母親を馬鹿にするようになるのである。

ただし、
精白小麦粉は
長期にわたって使い続けると
視力の低下などの被害が出て来る…

かといって全粒小麦を使うと、
それほど美味しくならないので、
全粒小麦を使った場合、
それを美味しくする工夫が必要。

娘が大きくなってきたら
スナック菓子作りを手伝わせて、
料理の仕方を覚えさせよう!

ご飯作りの手伝いをさせると、
母親にとって娘は非常に邪魔で、役に立たない…

それよりもスナック菓子作りで
料理の基本的なことを覚えさせていけば、
その内、正規のご飯の調理でも使えるようになる。

おやつはできることなら与えない方がいい。
…が、娘たちがおやつを要求して来ることもまた事実であり、
その要求に対してきちんと答えてあげる必要性もある。

しかし、
間違ったおやつを連日与えれていれば、
娘は病気になるし、家計だって圧迫されかねない…

おやつ問題は些細な問題かもしれないが、
両親にとっては、
決して見過ごすことができない問題なのである。