■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切

実際にレーシック手術をした後には、早ければ翌日には視力が回復し日常生活をすることが出来るようになります。
しかし人によってその回復力は様々であり、中には数週間経過した後に視力が回復するという例もあるのでご注意ください。 レーシックの手術では、当然眼科の専門的な知識は必要ですが、同様にレーシックの手術をどれだけ経験したかということも重要です。
実績のあるクリニックに在籍をしている医師でしたら安心してレーシックを受けることが出来るでしょう。

 

レーシックの手術を実施するのは、人間ですので、どうしてもそこには失敗をしてしまうリスクがあります。
しかしレーシックの手術をした時の失敗の可能性というのは、一般的な手術と同様で高い確率のものではありません。

 

レーシックとは、既に欧米では10年以上の実績を持っている比較的有名な手術方法です。
日本国内におきましても非常に多くの人が受けており、国内での手術の失敗はまだ報告されていません。



■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切ブログ:20年11月22日

人は赤ちゃんを産むと親馬鹿になる。
親馬鹿は親としての正常な反応なのである。

例えば、
赤ちゃんは長らく羊水に浸かっていたために
半漁人状態で産まれてくる…

それなのに全てのお母さんたちは
赤ちゃんを見て「可愛い!」と思ってしまう。

お母さんであるなら
我がお子さんがどんな体質で産まれてこようとも、
可愛いと思ってしまう…
それはお母さんとして当たり前の反応なのである。

これが夫になると
親馬鹿に余計に拍車がかかる。

娘が歌を歌っただけで
「この子は将来、歌手になるのではないか?」とか、
ムスコがボールを蹴ったくらいで
「この子はサッカーの素質がある」と言ったりする。

夫は自分で妊娠や出産をしていないために、
奥さんが思っている以上に親馬鹿な態度を取ってくる。

育児をすれば、
奥さんも夫も親馬鹿になるものだ。
それでいいのである。

お子さんにとっては
親が親馬鹿になってくれるからこそ、
お子さんは脳の限界を取り払い、
脳のシナプスを増やしていけるのである。

例えばお子さんが一人立ちしたら
夫婦揃って大喜びをするものだ。
だからお子さんは脳のシナプスを増やして行くことができる。

もしも親父もお母さんも
「お子さんが一人立ちするのは当たり前じゃん」と白けていたら、
お子さんは脳のシナプスを増やして行くことができなくなる。

親が親馬鹿になってしまうのは、
お子さんが非常に可愛い顔をしているからである。

実はお子さんが非常に可愛い時期と、
親が親馬鹿になっている時期は、
脳のシナプスが増えて行く時期とピタリと一致している。

お子さんが非常に可愛いからこそ
親の理性のタガが緩んでしまい、
親はお子さんをとことん可愛いがることによって、
お子さんは脳のシナプスを増やしていくことができるのだ。